こもれびナーシングサロン

「カラダメンテナンス」湯治

トロンで「カラダメンテナンス」湯治しませんか?

「湯治」
それは日本に古来からある療養方法。
多くは旅館に数週間滞在して疲れや体の傷みを癒すというスタイル。

タンジェでは手足湯、またはご自宅でのご入浴でトロンという治療泉(放射能泉)を健康増進にお役立ていただきたいと考えています。

温泉のうち特に治療の目的に供しうるものを「治療泉」と定義し、その中で温泉水1kg中に111Bq以上のラドンを含有するものを放射能泉と規定(1978年5月環境庁自然保護局長通知)

※タンジェで扱うトロン原水は223Bq(規制値は350Bq)です。
毎回専用機器で作成しますため、通常の温泉療養地と異なり気象状況に影響されることがなく安定した治療泉の提供が可能です。
(※畑晋博士(理化学研究所で放射物理化学分野で活躍し、トロン開発のルーツ)の開発した弱酸性下での抽出方法に基づき開発した生成装置を使用しています。)

-トロンとは-
トロンはラドンの一種です。
ラドン(Rn)とは、ラジウム(Ra)のα崩壊によって生成される娘元素のことで、常温では気体でラドンもα線を放出してポロニウム(Po)になります。
ラドンは水によく溶け、脂質にも比較的よく溶けます。
肺からよく吸収され、血液に入って全身に送られ、脂肪の多い内分泌腺・神経鞘などに取り込まれるとされています。

核種を区別して222Rnをラドン(狭義)、220Rnをトロンと呼びます。
ラドンは、物理的半減期が3.82日と短い上に、気体のため体内に入っても肺気から呼気とともに出て行くなど、生物学的半減期も短く30分とされます。一方、トロンの物理学的半減期はさらに短く、55.6秒です。


-ラドンの作用機序について-
いまだ全ては解明されているわけではありませんが、その一つとして、放射線分解によって生体に生じた少量の活性酸素が、解毒、細胞代謝、ミトコンドリア内でのエネルギー変換、酵素などのタンパク質や生理活性物質への刺激(情報伝達因子)として好作用した結果なのではないか、と考えられています。また、本来私たちの体に備わってい抗酸化機能(活性酸素が過剰にならないよう制御)がありますが活性酸素を消去する酵素活性がラドンによる低放射線によって高まることが示唆されています。

さらに、リウマチ、関節炎、筋肉痛、神経炎に対する有効性も認められており、ラドンからの低放射線が脳下垂体を刺激して副腎皮質ホルモンの分泌を活性化したり、脳内ホルモンの一種で様々な痛みを緩和する作用を持つメチオニンエンケファリン、βエンドルフィンなどの分泌促進することに起因するものであると考えられています。

近年、放射線には障害が発生する領域と何も起こらない領域の間に、生体防御機能(坑酸化機能、遺伝子修復機能、変異細胞除去機能、免疫機能)が働く領域があることが示唆されており、ラドン効果もその一つであると考えられています。

さらに、糖尿病、アルツハイマー病、動脈硬化など多くの疾病にも活性酸素が関与していることが知られており、新陳代謝、細胞膜の保護、抗酸化機能、免疫機能など、老化に伴い低下するこれらの機能が、低放射線によって総合的に活性化され、老化の防止につながる可能性があるとされています。


タンジェではトロン浴をできるだけ予防やメンテナンスという意味合いで未病の段階で一人でも多くの方に使ってもらいたいと考えています。

疲れたなぁ、しんどいなぁ、何となく体調が心配、と思った時に是非お若い方や働き盛りの方々にこそおススメしたいカジュアルなトロン湯治です。



機械の前に座り手足を同時にトロン湯に浸けます。手足のお湯は循環しており、ずっと温かいままです。
トロン生成装置

トロン浴の効果的な入り方

トロンは生成装置によって8時間かけて抽出して用いておりますが、放射線の性質上12時間程度しか放射線効果が期待できません。

ですので、ご自宅に機械がない場合は時々温泉に行く感覚でご利用頂けるとよいかと思います。つらい症状があって頻回に入りたい場合はご自宅へのお届けも対応しておりますのでご相談いただければと存じます。

1回目:15~30分浸かってしっかり汗が出るまでお入りください。
(10分ほど水分補給しながら休憩)
2回目:汗が出るまで(慣れてる方は10分程度で)
(10分ほど水分補給しながら休憩)
3回目:汗が出るまで(慣れてる方は10分程度で)
 水分補給して休憩後、お着替えをしましょう。

※お湯の温度は夏場は39~40度、冬場は40~42度がよいですが心拍数や疲労感を見ながら無理せず入りましょう。

トロン温浴効果の研究報告や事例

■株式会社ヘルシーピープルにて甲状腺未分化がん患者に対しての効果が発表(甲状腺学会2016)されています。この発表では抗がん剤の副作用を軽減する効果が示唆されました。

※トロンが抗腫瘍効果を持つ直接的な事例について



■岡山大学医学部山岡聖典博士により「健常者」「糖尿病」「高血圧」「リウマチ」のグループに分け、全体で100名(有効サンプル76名)を対象に2週間トロン温浴(1日30分、週5回)した際に得られたデータから、生活習慣病に関わる数値が改善し、免疫機能を向上させることが分かりました。


※トロン効果の学術的な検証はまだ歴史が浅く、トロン効果の実証データは少ない状況でこれからの分野です。



トロン生成装置と生成時間について

当サロンで使用しているトロン生成装置は岩手県花巻市にあった花巻メディカルスパトロンの装置を小型改良されたものを使用して作成しています。販売元はヘルシーメディカル社です。

トロン抽出に8hかかりますので、前日夕方までのご予約をお願いしています。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP